初めての積立NISA、買う商品

お金関係のこと
ワイさん
ワイさん

お久しぶりです。Y3です。

10日ぶりくらいにPC開いた。

 

 今回は、楽天証券の証券口座を開設して、投資していくファンド(投資家から集めたお金を運用するところ)を決めていきたいと思う。以前の記事はこちらからどうぞ投資初心者、積立NISAを始めたい

 

 積立NISAを始めるにあたり、 You Tube、Google先生、Twitterなどで助言をもらったが、最後は自己責任なので投資をされる方は、【有名なあの人が言っていたから。 君がコレを買えば儲かると言ったから。】などと、他責にならないように、自分で納得して投資するファンドを決めよう。

 

Y3(投資初心者)が選んだファンド

  1. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  2. eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  3. 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)

 

 どこを見てもオススメされているeMAXIS Slim 。勿論投資初心者のY3も購入しました。 似たような商品でeMAXISがありますが、別の商品となっているので注意して下さい。 違いとしては店舗型の商品であるため、手数料に差があるようです。 

 

ワイさん
ワイさん

買付前に気づいたけど、Y3は手数料が高い

eMAXISを選んでいたのでよく見てね。

違いは0.数%でもバカにならないかも。

 

 下記で書いている事と矛盾するが債権を少し入れてみた。 現金が必要な不足の事態の時に、株価が大きく動いていた場合、損失が少ない方を選べたりしないかと思って…素人の考えなので自信はない。

 何個かファンドがあったほうが積立比率を変えて楽しめるかも…とかも思ったりして。

 

積立NISAは株式のみで大丈夫?

 

積立NISAについて調べていると、【eMAXIS Slim 、楽天ヴァンガード等の株式のみでOK】といった文言を多く見かける。 理由については、積立NISAの運用自体が、長期での株の保有することに節税のメリットがあるし、 15年や20年といった長期になればなるほど株価は安定して上がって行くことが見込めるからのようだ。

 今までの流れとして、株価が一時暴落してもその後数年をかけて相場を取り戻し、高値を更新し続けている。 暴落がきても長期保有を前提とすれば、全て株式でもリスクが少ないという事になる。 

 だからといって、全てを株式にして長期保有するために、不況時に自身の生活を守る別の資産が必要となるので、貯金などを全て投資につぎ込むことはしてはならない。

 

株式のなかでも、全世界、先進国、新興国、米国などがあるので、これらは各々調べてみてほしい。 Y3は決めきれなかったので、全世界株式を多くして米国株を少なくしているが、全世界株式の半分が米国株で占められているので、今以上は米国株の比率は上げない予定。

  

Y3家のNISA

 

 なんとかY3家の積立NISAが始まるが、当初は嫁のNISAの枠も空いていたので、そちらもと考えていたが、一定の額になるまで貯金を増やしていくこととした。 子供二人の教育費は勿論、両親の葬式など大きくお金のかかる事が10年以内に起きると考えている。

 せっかく積立NISAに入れているお金を不利な状況で売りたくないし、下がった時に買い増しする費用もあったほうが安心して長期保有に備えられるはず。

 葬式に関しては、Y3自身が離島出身であり親族の葬式に参列する場合でも、通常より費用がかかる。 先の目えてきた両親に親孝行もしておきたいし、資産形成を考え始めて自分にとって大事なこと、目をそむけて来た事が明確になってきた気がする。

 

ワイさん
ワイさん

今まで深く考えずに流されてきて

自分の人生に無責任だったかもしれん

 

NISA始めるにあたっての後悔(余談)

 

 積立NISAを始めるにあたって楽天証券で口座を開設したので、銀行口座も開設しようとしたが、手続きの中でマイナンバーカードが必要で開設がスムーズに出来なかった。 マイナンバー通知カードでは楽天の銀行口座は開設出来なかったので、マイナンバーカードの発行をしてから開設が望ましいです。 現在は他行からの振り込みで手数料も割高だし不便。

 

 楽天証券、楽天銀行、楽天カード決済でポイントもつくし、使い勝手も格段に良くなるようなので、 今現在、楽天証券を検討されている方は合わせて検討してみてください。

 

ワイさん
ワイさん

楽天経済圏を甘くみていた…

   それでは、またね

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました