ペットの話。保護犬

ペット

お久しぶりです。Y3の事 Y3です。

もう子どもたちのペット飼いたいアピールが止まらないので、保護犬の譲渡会に参加して来た。

保護された動物たちが掲載されている

(ペットのおうち)というサイトのアプリがすぐに検索にかかったので使用してみた。ウェブは無料で検索がかけられるが、問い合わせは有料のアプリ版を使わないと出来ないので注意されたし。

動物たちの基本情報と、募集側から提示される飼育条件、譲渡会の情報、保護された理由が載っている場合もある。

Y3家の場合、出来れば子犬、中型まで、犬種は特に気にしない、なるべく健康。といった条件で探してみた。

子供達が会ってみたいという子犬が居たので急遽、近くの譲渡会に行くことに。

アプリ版から問い合わせをしたのが譲渡会の直前になってしまったが、用事を済ませ。とにかく会場に向かうことにした。

会場は地場のJAのようなところの一画で、初めてのY3家はなかなか見つけることが出来なかった。たっていたノボリを頼りになんとか合流。

その日は何頭かの保護犬たちが来ていたが、目当ての子犬は先約があり、参加していなかった。

子供たちは意気消沈していたが、そこに来ていた雑種の三姉妹の子犬たちが気に入ったようだ。

もともとアプリで目星をつけていたが、健康状態に記載があり、気になっていた。

現在預かっている方と話をすると、しっかり対処すれば健康状態も問題ないこと、また居住地区がかなり近いためすぐに様子が見れることも、条件として良いことだと教えてくれた。

一通り話を聞いて帰宅したが、子供たちは自分の目で、手で確認出来たので三姉妹の一頭にしたいと話していた。

先に問い合わせをしている子犬の件、譲渡会であった子犬たちの健康状態などまた、家族で話し合わないと…

かなりエネルギー持っていかれたのか、帰宅後は夕方から気持ちよく昼寝が捗った(笑)

近いうちに、保護犬の譲渡の条件なども書きたいと思う。Y3が考えていたより条件が厳しかったので。

それでは、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました